正弦波発生器(初号機)を自作したお話

みなさん。どうも管理人です。

今日は以前に作成したウイーンブリッジ正弦波発信器について記載していこうと思います。

さて、公開にあたって回路図を作成したわけですが・・・

なんせ回路図は描かずにブレッドボードで試作をしてそのまま基盤にくみ上げたので脳内にしか残っていなかったわけです・・・

なので今回はfritzingというフリーの回路作成ソフトを導入して作ってみました。

ホイストーンブリッジ_回路図

とりあえず汚いです・・・

パーツも既存であるもので記載しているので本来であれば2回路リレー・2連ボリュームなども個別になってしまっています。

※近いうちに修正版をUPします。←現在別の構想も出来上がっているので正弦波発生回路だけでなく、三角波、方形波なども発生できるようにする予定です。

 

また、arduino UNOも手持ちにあるので周波数カウンターを内臓したものも作成してみようと思っています。

 

とりあえず前置きはここまでにして軽く解説を入れておきます。

原理は単純、ウイーンブリッジによる正弦波発生回路に少し手を加えてあります。

まずは心臓部となるOPアンプについてですが、MCP6002というものを採用しています。

手持ちの中で周波数特性が良く、さまざまなOPアンプと差し替えて検証したところ一番きれいな波形を出してくれました。

ただ、欠点としては6.0V以上の電圧をかけられない点があり、回路内部にて3端子レギュレータによって+-2.5Vを生成しています。

また、小信号用リレーを内蔵してコンデンサを切り替えることで4Hz~80kHzまでの発生が可能になります。

構想の一環としてロータリースイッチの検討もしましたが、手持ちのパーツで作りたかったのでここでは採用していません。

DSC_0056

パーツを基盤に実装して試験を行っているときの画像です。

抵抗等は1/8Wタイプのもので省スペース化を図っています。

無い抵抗値は1/4Wなどを混合していますが・・・

また、多少の誤差で波形に影響がみられたので一部コンデンサの容量を少し変えることで安定した波形を発生させています。

ノイズの影響も考慮してLANケーブルのcate6から内部の配線を取り出して使っています。

予めツイストしてあるのでノイズの打ち消し効果を狙いました。

ノイズを考慮するのであればリレーも入れないことに越したことはないですが・・・

DSC_0065

一応上からも

DSC_0068

組み込んだ内部

以前秋葉原で投売りされていたケースを活用しました。

出力端子はキャノン端子とターミナルを備えています。

キャノン端子があるとはいえバランス伝送ではないので飾りです。

電源電圧は12Vで使用が可能です。

DSC_0067

直接アンプに接続することが可能です。

ターミナルはオシロスコープ用の接続が容易です。

ぎざぎざのボリュームの方でゲインの調整が可能です。

Dカットは周波数変更用です。

ただ、多回転ボリュームでないため誤差やガリによって信号が消失することがあるので今後改修を行う予定です。

※既に構想はあるので検証を行ってから作成に入る予定です。

次の場合は2連ボリュームをやめて、多回転ボリュームとフォトカプラ(アナログ)を採用する予定です。

また、前段回路の切り替えを可能にして三角波、方形波を発生できるようにする予定です。

それでは実際の波形を見ていきましょう。

最低周波数の波形

DSC_0060

だいたい中間地点の波形
DSC_0059

最大周波数の波形

DSC_0069

最後の写真はちょっと見にくいですね・・・スンマセン

 

 

 

実際に使用してみた感想

操作をして感じたことは低周波帯から高周波帯へと切り替えたときに数秒間信号が消失してしまうことがわかりました。

また、ボリュームの精度によっても稀に信号が消失します(特に高周波)

中間くらいになると音はいっさい聞こえないです。(中間からは高周波側に切り替えています。)

ボリュームもゆっくり回せば連続して周波数を変更させられます。

急激に回すと信号が消失する場合もあります。

たぶん高周波すぎてオーディオアンプには良くないと思います。

下段にフィルムコンデンサが居る場合は特に・・・

試験的にD級アンプでボリュームを少しあげた状態でコンデンサとリアクタ部分が急激に加熱しました。

 

 

とりあえず真似て作ろうと考えている方がいましたら自己責任でおねがいします。

普通にアンプやスピーカーが一発で駄目になりかねない周波数帯を発生しますので。

サーバーラック、オーディオラックを自作したお話

みなさんどうも管理人です。

以前にサーバーラック及びオーディオラックを自作したので、遅くなりましたがブログに残しておこうと思います。

さて、自作したラックですが、完成させた時の写真しかないのでご了承ください (_ _)スマヌ

最初は作成したオーディオラックです。

DSC_0053

次は作成したサーバーラック….

DSC_0054

横からも

DSC_0055

現在も構成は変わりませんが、夏の間は縮小構成で運営を持続しています。

クーラーは24時間フル稼働です。

それでも暑い日は室温が30度を超えることも多々あります。9月もなんだかんだ暑い日が多いので早く涼しくなってほしいです。

 

 

 

8.2万でPCを大幅改修したお話(PC自作)

みなさんいかがお過ごしですか。

私はようやく収入が安定し、一時凌ぎで使っていたPentium DのPCも動かなくなったので改修を決意しました。

とりあえず動かなくなってしまったPCです。

DSC_0089 メモリかCPUが駄目になってしまったようで電源は入ってもその後画面すら映らない、ビープ音も出ない困った子です・・・

と既に横に新しいPCのパーツが並んでいますが後々記述します。

とりあえず流用するパーツは以下のもの

・SSD intel 240GB

・電源 RAIDER PA750

・CPUFAN ENERMAX (FANは付け替えてます)

・ケース CORSAIRフルタワー

・リムーバブル

 

↑写真に含まれていないものもありますが、前メインPCのものです。(金欠でAMDシリーズのパーツ売ったので)

 

さてまずはマザーボードから見ましょうか

DSC_0091

今回は特にオーバークロックもする予定もないので安価だったこちらを購入。

DSC_0099

内容物はこんな感じです。

説明書・M.2固定ネジ・ドライバディスク・SATAⅢが2本 バックパネル

お次は本体見ちゃいましょう。

DSC_0101

おお!黒に赤いヒートシンクはなかなか良いですね~

裏も見ちゃいましょう。

あ、素人撮影なので多少のブレは多めに見てください()

DSC_0105

まあ、普通ですなぁ・・・

ではお次にCPUを

DSC_0094

オーバークロックする気はないがちゃっかりK付きをチョイス。

取り付けるまで空けないので次メモリを見ましょう。

DSC_0092

私の中では評価の高いteamさんのメモリです。マザーの速度規格で買いました(買ったマザーではこのメモリが最高速度)

そして並べてみた。

DSC_0118

上がDDR4 下がDDR3です。見比べるとピンの数が大幅に増えていますねあとは形が特徴的でしょうか。

さて、お次はグラフィックボードです

DSC_0093

2年保障が付いたタイプが売っていました。

ちなみに保障が2年も付いているのは他にQuadroとかしかなかったような・・・

それとメモリが3GBタイプのものは止めておきましょう。後々後悔します。

こちらは6GBモデルです

では早速中を拝見

DSC_0121

いい感じに茶箱が出てきました。いよいよご対面!!

DSC_0122

とはならずまた小さな箱が中に・・・

今度こそ!

DSC_0124

やっとご対面できました。しかし小さいですね・・・

一昔前の玄人思考版550Tiなみの大きさです

DSC_0125

袋から出した所

DSC_0127

端子もスマートになってます・・・

DSC_0123

付属品もこんな感じです。

各種ベンチマークのギフトコードも付いてました。後日やってみようと思います。

次は流用する物を

DSC_0095

DSC_0097

DSC_0096

放送PCも今のところ無いのでとりあえずメイン機にキャプチャーボードを載せちゃいます。

DSC_0107

それではいざ組み付け開始!

CPUクーラーの基礎を付けていきます。

基盤をよく見ると取り付け穴のすぐ傍にパターンが通ってるので注意が必要です。

DSC_0110

無事取り付け終了・・・次はケースに組み込みます。

と忘れずにバックパネルを取り付けておきます。

DSC_0111

っと端にボスのとろけるカフェオレと鍋が映っているのは気にしちゃだめだぞw

前PCの配線のままで行けるか!!?

DSC_0112

組み付けもなんなく成功したのでCPUを載せます。

撮影も少し緊張しました。カメラ(スマホ)を落としてピンが曲がるとまずいのでw

DSC_0117

こちらも難なく終了です。

いよいよ各パーツを取り付けていきます。

DSC_0129

取り付け終了!!

配線は何とかなりました。

しかしフルタワーのケースにATXマザーだと場所があまりまくってますね・・・

おかげで作業がしやすかったです。

それとどこからかXspritのクーポンコードが・・・

何の箱に入っていたかわかりませんがお試し用みたいです。←組んだ経験がある人は良ければ教えてください

生放送もしているので機会があれば使ってみたいですね。

■ここまでの予算などについて

パーツは全て秋葉原のBUYMOREさんで仕入れました。

ソフマップ・ドスパラ・アークさんも回って各種見積もりを出しましたが圧倒的に安かったです。

ソフマップ・ドスパラ・アークさんは一律で9万オーバーでした。

しかしBUYMOREさんは各種セット値引きと先着10名様向けの割引があってこの値段になってます。

お考えの方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

価格リスト

DSC_0130

グラボセットで500値引きだったがレシートだと電源セット値引きってなってるな・・・まぁ説明の通りだし問題ないか・・・

マザーとCPU同時購入で1000円

i7CPU購入で3000円

先着10名限定で3000円値引き

と値引きの嵐でしたw

ちなみに価格.comで調べてみた結果大体同じ構成でもBUYMOREさん(PC工房)が安いという事実に直面しました。

 

その後駄目もとで前のOSが入った状態で起動を試みましたが途中で固まったので入れなおしを行いました。

インストールOSはWindows7です。

ちなみに組んでいる人ならわかると思いますが、マザーの設定を何も変更しない状態でインストールを実行すると途中で操作を受け付けなくなります。

※新しい規格のUSBドライバーが無いため発生します。

新規で作る方は予めUSBのモードをPS2サポートができる状態にしておくといいでしょう。

以上久々のブログ更新兼PCを組みなおしてみたでした!ノシ